ホーム > 山形県の行政 > 太陽光発電と山形県の計画

太陽光発電と山形県の計画

Posted by

東北地方では全体的に非常に多くの再生可能エネルギーを活用した電力を積極的に取り入れています。
山形県では2020年までに現在の20倍する再生可能エネルギーを導入する予定で、中でも風力と太陽光発電を積極的に導入しています。
実は山形県では、再生可能エネルギーの熱源力を全て計算してみると、県内の現在使用している電力を全てまかなえてしまうほどのエネルギーを持っているのです。null
すでに建築されている山形県内のメガソーラー発電所では、ほかの電力と組み合わせることによってさらに魅力的な発電力を実現させることとしており、クリーンエネルギーへの流れが加速しているといっても過言ではないでしょう。
さらに県内数箇所での目がソーラー発電所を作る予定となっており、今後も地の利を生かした複合的な熱源を組み合わせることによって、通常の発電力の数倍をも高める効果が期待されています。
さまざまなシチュエーションによって魅力的な熱源を活用することができるのは、自然豊かな山形の風土の影響も大きく影響しています。
雪国ではありながらもそれを補って余りあるさまざまな熱源を活用することができる山形の風土は、他県と比較しても再生可能エネルギーを活用できる大きな力を秘めているといえます。
数年後には太陽光発電を中心として日本でも有数の再生可能エネルギーを取り扱う県として、地球環境への配慮を率先する考えがあり、数年後の山形県に期待が持てそうです。

カテゴリー: 山形県の行政
タグ: