アーカイブ

‘山形県の行政’ カテゴリーのアーカイブ

太陽光発電の設置を検討されている方

光のエネルギーを電力に変換するクリーンな発電方法が太陽光発電です。
太陽光発電は風力や地熱といった自然エネルギーを利用した発電法ですが、特に個々人でも導入しやすいことから、震災以降特に注目を浴びています。
現在、山形県では地球温暖化の対策として、再生可能エネルギーの利用を推進しています。
そのため、住宅用の太陽光発電設備の設置に関して補助金を県として支給しています。null
支給額は太陽光発電システム1kwにつき3万円が支給され、上限は10kw未満となっています。
また、米沢市でも独自に太陽光発電の設置に関して、太陽光発電システム1kwにつき2万円が支給され最大で8万円支給しています。
またさらに、国からも補助金を受け取ることができます。
補助金は今後もおそらく支給され続けるとは考えられますが、現在太陽光発電の設置件数は日本全体で考えてもわずか数%程度ですので、広く太陽光発電が住宅に設置されるようになりますと、補助金の支給がなくなるかもしれませんし、自治体の財政難によってもなくなるかもしれません。
実際大阪の場合には財政難から、現在国と一部の市のみから補助金を受け取ることができるように制度が変わってきております。
そのため、太陽光発電システムをご家庭の屋根に設置しようかお考えの方は補助金が支給されるうちに設置したほうが断然お得と言えます。
太陽光発電を導入するメリットはいくつかあります。
地球環境問題にそれほど関心がない方でも、太陽光発電の導入は経済的なメリットがあります。
それは、余剰電力買取制度により自家発電した電力を自宅で使うだけでなく、電力会社に1kWあたり一定額で最大20年間買い取ってもらえるからです。
太陽光発電システムの設置には初期費用がかかりますが、補助金等を考慮すると約十数年程度で、費用が回収できるとされていますので、それ以降は電力による副収入が増えることになります。
年金や、住宅ローンの返済等で悩まれている方、また副収入として株式投資等をお考えの方には、太陽光発電の設置は安心・安全な副収入源になると言えます。
是非一度市役所で設置に関してご相談してみてください。

カテゴリー: 山形県の行政 タグ: