ホーム > 山形県の行政 > 山形での太陽光発電の導入

山形での太陽光発電の導入

Posted by

最近では、太陽光発電が脚光を浴びています。
その理由として、太陽光発電がエコロジーで節電対策にもなることが挙げられます。
従来の原子力発電や火力発電といった方法では、原子力や石油、石炭などの天然資源を利用しての発電方法であったため限りある資源を利用していたことになります。
その反面、太陽光発電は太陽の熱エネルギーを利用して発電するため、資源の消費はありません。
さらに従来の発電方法では発電時に二酸化炭素などの有害物質を発生させていて地球温暖化の原因になっていました。
しかし、太陽光発電の場合は、そのような有害物質は発生せず、地球にとって安全な発電方法といえます。
さらに、原子力発電所の稼働が控えられ全国的な節電が求められているところ、各住人や法人が太陽光発電を利用することで自主的な発電がおこなわれ節電にも役立ちます。null
そこで、この太陽光発電システムの設置について各自治体が補助金を出すなどして導入を推奨しています。
たとえば山形市では、上記に述べたような省エネルギーや地球温暖化の防止に寄与するため、太陽光発電の導入を支援しています。
そのために、平成24年度では山形市内の住宅または事業所に太陽光発電装置を設置する人に補助金を交付するための予算枠を設けていました。
この補助金交付申請をできる対象としては、山形市内の自宅に住宅用太陽光発電装置を新規に設置する個人や、山形市内の事務所等に太陽光発電装置を新規に設置する個人または法人の事業者であって、平成24年度に電力会社と太陽光発電余剰電力を受給契約を締結する個人と事業者になっています。
太陽光発電余剰電力を受給契約とは、発生させた電力を電力会社に売却する契約のことで、社会への電力の供給にも貢献することができます。
このように自治体が補助金を提供することで、ますます太陽光発電の導入は促進されます。
太陽光発電は、将来的にも発展の道のある発電方法なので、国家機関のバックアップによる個人の利用を増大させていくべきです。

カテゴリー: 山形県の行政
タグ: