ホーム > 山形県の行政 > 山形での太陽光発電システム設置について

山形での太陽光発電システム設置について

Posted by

最近の世界的な地球温暖化に伴い、日本においても地球温暖化を防止するために資源の利用抑制や温室効果ガスの排出規制などが求められています。
温室効果ガスの排出については企業の工場稼働によるものが多いですが、個人家庭においてもすくなからず存在します。
そこで、家庭における温室効果ガスの排出抑制のために、住宅用太陽光発電システムの導入が促進されてきています。
住宅用太陽光発電システムとは、個人の家庭やマンションなどにおいて、その屋上にソーラーパネルを設置して、太陽の熱エネルギーを受けることで発電する仕組みを言います。null
太陽光発電では、発電時に二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しないため、環境に優しい発電方法といえます。
さらに、自発的な発電方法であるため、節電にも効果を発揮します。
このようにメリットがたくさんある太陽光発電ですが、山形では住宅用太陽光発電システムの設置に対して補助の制度があります。
太陽光発電システムは、その設置に多額の費用がかかってしまうため、設置を迷う人が多く居ます。
自治体が設置に対しての費用を補助することでコスト負担が減るため、システム設置を導入する人が増えるという利点があります。
実際に山形では、補助金を利用して太陽光発電システムを導入している家庭が増えています。
山形県や山形市のように自治体が太陽光発電システムの導入を補助することで、住民に地球環境への関心をさらに持たせることもできます。
今後、ますます地球環境への配慮が必要となることから、国や自治体を挙げてエコロジー活動を進めていきたいものです。

カテゴリー: 山形県の行政
タグ: