ホーム > おすすめポイント > 太陽光発電を山形県で設置する

太陽光発電を山形県で設置する

Posted by

太陽光発電とは太陽光エネルギーを電力に変換する発電システムで、現在日本だけではなく、世界中で活発に導入されています。
また、現在シリコンを主な材料とした太陽光発電が主流ですが、基礎研究の分野ではすでに別の材料を用いた太陽光発電システムの研究開発が世界中で行われています。
近い将来はより、高効率な太陽光発電が発明され、現在の火力や原子力に頼った発電から自然エネルギー発電にシフトしていくことは間違いないと考えられます。
山形県でも太陽光発電に対して積極的に行政が活動しています。
null山形県では県として太陽光発電システムの導入に補助金を出しています。
また国からの補助金や各市町村の補助金もありますので、場所によっては最大で3重に補助金を受け取ることができます。
県としては太陽光発電設備1kW当たりに対して30,000円の補助金が支払われます。
また上限があり最大で100,000円までが補助されます。
太陽光発電のソーラーパネルは一般的には屋根に付けられる場合が大半です。
もちろん、好みによっては壁の側面につけることもできます。
太陽光発電は自然エネルギーですので、日照時間等の自然環境によって発電量が大きく左右されます。
そのため単に屋根に付ければ良いというわけではなく、屋根の傾斜が太陽に対して向き合っていない場合などは、それぞれに応じた施工方法でソーラーパネルが設置されることになります。
たいていの場合一戸建ての住宅に取り付けるソーラーパネルで一家の電力を十分まかなうことができますので、太陽光発電をつけた日からは電気代が無料になることになります。
また発電で余った電力は余剰電力買取制度で電力会社が買い取ってくれます。
特に、普段の毎月の電気代が高くなりがちな方には、電気代がかなり安くすることができます。
また太陽光発電は、自宅で発電したものを使用しますので、電力会社のトラブルによる電力停止の際の影響は全くありません。
その点でも太陽光発電は好まれています。

カテゴリー: おすすめポイント
タグ: