ホーム > おすすめポイント > 集合住宅でも太陽光発電

集合住宅でも太陽光発電

Posted by

個人住宅では方角さえ悪くなければ、既存の建物への太陽光発電の設置は用意ですね。
しかし、マンションやアパートなどの集合住宅の場合、戸数が多く配線が困難なので、新たに太陽光発電を設置して利用するのは、なかなか難しいようです。
もっとも自分たちで利用できなくても、設置するだけならできます。
つまり、太陽光発電事業者に屋根を貸すわけですね。
アパートの所有者やマンションの管理組合には屋根を貸した賃料が入ってきます。
組合の経費やマンションのメンテナンス費用の捻出に悩むところは多いですから、嬉しい収益源になりますね。
太陽光発電事業者は、東京都内の建物の屋根に高いニーズがあるので、検討してみたいところです。
屋根の上に設置されたシステムで発電した電力は、太陽光発電事業者を通じて電力会社に売電され、社会貢献することができます。
賃料収入を得ながら、CO2の排出量削減と電力不足を補うという社会貢献ができるのは素敵ですね。

カテゴリー: おすすめポイント
タグ: