ホーム > 山形で始めるエコ生活 > 災害に強く安定した電力を山形で利用するには

災害に強く安定した電力を山形で利用するには

Posted by

山形に住んでいる方の太陽光発電のシステムに関する関心は高く、これは近年の設置件数の増加に反映されております。
このシステムは災害などにも強く、電力会社からの電力供給が止まってしまっても、その影響を受けることなく電力利用が可能です。
なぜならこのシステムは自家発電システムなので、太陽光が出ている日中であれば引き続き発電をしてくれるからです。
夜間には発電が止まりますが、災害時でも日中に発電してくれるのであれば、停電から回復するまでの一時、電力消費や生活リズムを日中主体にするなどすれば、ほとんど不便なく平常通りの暮らしが可能となるでしょう。
山形は冬季に天候不順の日が多く、積雪も見られるので、太陽光の必要なこのシステムにはデメリットのような感じがします。
しかしながら今や雪国や北国仕様のシステムが開発されていて、販売されているのでその懸念には一切及びません。
太陽パネルの傾斜角度を変えるなどして、積雪しないように工夫するなどすれば、冬季であっても十分な発電量が得られるのです。
積もった雪からの反射光もこのシステム稼働にはプラスなのです。
山形に住んでいる方は、冬季さえしのげば、他の季節はより大きな発電量が得られるので、さらに大きなプラスとなります。
太陽光発電のシステムの効率的な作動には、日照時間の長さだけではなく、気温も重要です。
太陽パネルは低温の方がより効率的に発電するからです。
年間の気温が他地域よりも低い山形では、安定的に発電が出来、利用出来るのです。

カテゴリー: 山形で始めるエコ生活
タグ: